ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.10.30 Sunday

玄米おむすび 鮭

 

 

玄米おむすび 鮭玄むす

原材料 玄米 鮭 塩

 

 

鮭のおにぎりの具が少ないとがっかりですので

これでもかと入れてみました

 

 

包み込めないので表面に出ています

うわべだけではありません

ちゃんと中まで入っています

 

 

手間はかかりますが

自分のところで焼いてほぐして骨とっています

 

 

十分注意しているのですが

骨が残っている場合があります

ご注意くださいね

 

 

 

2016.10.29 Saturday

玄米おむすび さといも

 

玄米おむすび さといも

原材料 玄米 さといも 醤油 砂糖 塩 山椒

 

 

蒸かした里芋をサイコロに切って

甘辛醤油で味付けします

 

 

玄米のつぶつぶ感とさといもの食感が妙に合います

 

 

これだけでおかずは要らないみたいですね

少し濃いめのお茶があればいいかもです

 

 

2016.10.28 Friday

玄米おむすび ごまねぎ


 

 

 
 

ごまねぎ玄むす

原材料は 玄米 ごま ねぎ 塩 白胡椒


 
 

チャーハンみたいって言われます

そうだろうね

白胡椒とねぎだもの


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンソメスープと良く合います

コーンポタージュも捨てがたいです

っていうことは・・・

洋風・中華スープ系に相性がいいということ

 

 

2016.10.27 Thursday

玄米食用に作られた玄米 金のいぶき

 

 

 宮城県 一迫

 やっぱり四国と違って奥が深いな

 

 ベタだけど

 見渡す限り田んぼ

 

 

 

 

 

 

 農薬を使わず

 化学肥料も使わず

 金のいぶきは作られています

 

 ASACという有機認証を受けています

 この認証を受けていれば

 世界で有機農産物として認められるということです


 

 

 作っていただいている 斎藤政憲さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 金のいぶきは低アミロース米です

 特徴は粘りと胚芽の大きさ

 炊飯時の浸水時間の短さと

 他の玄米では見られないほどのアルファー化です

 

 

 

 

 


 

 お店では300g(2合)の袋で販売しています

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 炊き方は

 軽く洗って(ゴミを流す程度)

 ごく普通の炊飯ジャーで炊飯できます

 玄米の水加減より少し下

 目盛が上に出るくらいに入れてください

 写真は2合

 水に漬け置く時間は30分でOK

 

 

 

 

 最近は玄米炊飯モードもあるようですが

 ごく普通の白米モードで炊きます

 

 玄米モードだと2時間くらいかかりますが

 白米モードだと1時間くらいで済みます

 この差は大きいですね

 機種によっては炊きあがり近くになると

 「水が多すぎます」の表示が出ることがありますが

 無視してください(笑)ちゃんと炊き上がります

 
 

 炊きあがりを見てみると 

 その胚芽の大きさが解ります

 プチプチした食感は胚芽からも感じられます

 

 ひと粒ひと粒ちゃんと感じられます

 玄米らしいつぶつぶ感です

 その上  

   中までしっかり軟らかく炊き上がっています

 


 

 この艶は玄米ごはんとしてはあまり見かけないですね 

 あまりにつやつやなので軟らかすぎて

 団子にならないか心配でしたが

 大丈夫でした

 

 

 

 

 


 

 ひと粒ひと粒がしっかりしています

 口の中でハラッて崩れるぐらいです

 

 お米の甘味

 プチプチした食感

 腹持ちのいい玄米ごはんが

 さらにおいしくなりました

 

 


 

 炊き立ての金のいぶきに

 削り節をかけて

 出汁醤油をぐるっとひと掛け

 

 お漬物とおいしいお茶でどうぞ

 

 

 

 


 


 

 

 

2016.10.25 Tuesday

さくふわべいぐる はちみつリンゴ

 

 

 

 季節もの

 サクふわべいぐる はちみつリンゴ

 見た目はなんにも変らない

 どっちが甘さつま?って聞かれると

 わかんない
 

 

 

 本当は紅玉とか酸っぱい方がいいかな

 今回はふじで作りました
 

 

 皮をむいて

 賽の目に切ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地元の山で採れたはちみつ

 冷蔵コンテナに寝かせていたので

 固まっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 瓶ごと湯煎かけて

 少し柔らかくします

 はちみつの濃い香りが辺りに漂います

 

 

 

 


 

 

 フライパンでジュージュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 リンゴの果樹が出て

 それが蒸発して 

 飴色になるまで

 

 

 

 


 

 

 しなっとなって

 でもシャキッとした歯ごたえ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たっぷり入れて焼き上げます

 外側はいつものようにカリッとしています

 中はフワッと 

 リンゴがシャキッと

 ほのかにはちみつの香りがします

 オーブントースターで焼いて召し上がれ

 

 

 


 


 

 

Powered by
30days Album